リハビリの基本知識

リハビリの目的やリハビリを受けるにあたって理解しておくべき保険制度など、基本的な知識について紹介しています。リハビリと一口に言っても、医療保険か介護保険かで受けられるリハビリの内容や期間が大きく変わります。リハビリに関わる仕事に就くのであれば最低限知っておきたい情報をまとめました。

QOL向上に欠かせない「リハビリ」とは

高齢化が進む日本において、高齢者に対するリハビリや介護の重要性はますます高くなっています。適切なリハビリを行うことで高齢者は健康状態を維持し、自分らしく自立した生活を送ることができます。当サイトでは、QOL向上に欠かせない高齢者へのリハビリについて、基本的な知識からリハビリに関わる仕事に就く方法など、幅広い情報を紹介しています。

更新日 QOLを重要視するからこそADLの改善を

QOLを重要視するからこそADLの改善を

現在、介護の現場で主流となっている考え方がQOL(Quality Of Life)です。日本語にすると「生活の質」という意味であり、以前まで介護の基本としてあったADL(日常生活動作)の向上よりも重要であると考えられています。しかし、だからといってADLを完全に無視していいわけではありません。この2つの考え方は相反するものではなく、密接に関係しています。そのため、両方の視点から適切な介護を考えていくことが必要なのです。

News特集記事

  • 希望が叶う職場を見つけるために

    希望が叶う職場を見つけるために

    リハビリに関わる職場に転職するためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。まずは転職先に求める条件を明確にし、転職エージェントを上手に活用して効率的に転職活動を進めていきましょう。

  • 身体だけでなく生活能力の維持向上を行う

    身体だけでなく生活能力の維持向上を行う

    回復期リハビリとは異なる、生活能力の維持向上を行う生活期リハビリも高齢者に対しては必要です。高齢者が日常生活を問題なく送れるようにサポートしていきますが、大切なのは自主的にリハビリに取り組んでもらうことです。

  • 医療保険でのリハビリには期限がある

    医療保険でのリハビリには期限がある

    医療保険でのリハビリはいわゆる回復期リハビリと呼ばれるもので、病院の中で行われます。期間に制限があり長期的なリハビリはできませんが、チーム医療で取り組むことで大幅な機能の回復が見込めます。